Your browser does not support JavaScript!
20180111「中国が協議経ずにM503航空路の使用を開始、両岸関係とアジア太平洋地域現状への影響」についての懇談会

 一月十一日、財団法人国策研究院文教基金会と当代日本研究学会は張榮發基金會で「中国が協議経ずにM503航空路の使用を開始、両岸関係とアジア太平洋地域現状への影響」についての懇談会を開催しました。日本研究センターの林文程主任が司会者を担当して、懇談会で淡江大學の翁明賢先生、台灣民主基金會の顏建發副執行長、國防大學の馬振坤先生、郭育仁執行長と共に意見を交換して、透徹した分析を施しました。ご来場の皆様は大変勉強になりました。

クリック数